シカゴ引越センター

この支店のトップに戻る

お問い合わせ電話: (630) 787-0202 / Toll Free: (866) 530-0202

ジェットパック

お急ぎの方へ

急ぎ、格安、手軽な航空便パック

  • 1箱からご利用可能な航空便セルフパック!
  • 1キロから70キロまで、1キロ単位のご料金設定で、ムダなく送れます!

基本サービス地域

  • シカゴ市内※その他、イリノイ州内地域においても取り扱い可能ですが別途、集荷費用がかかります。詳細はご相談下さい。
    (但し、船便と同日のお預かりの方は弊社へご相談下さい。)

基本料金

料 金 表
重量
Kg
料金
US$
重量
Kg
料金
US$
重量
Kg
料金
US$
重量
Kg
料金
US$
1 $45 21 $153 41 $252 61 $320
2 $55 22 $158 42 $256 62 $322
3 $70 23 $163 43 $260 63 $324
4 $74 24 $168 44 $264 64 $326
5 $78 25 $173 45 $268 65 $328
6 $82 26 $178 46 $272 66 $330
7 $86 27 $183 47 $276 67 $332
8 $90 28 $188 48 $280 68 $334
9 $94 29 $193 49 $284 69 $336
10 $98 30 $198 50 $288 70 $338
11 $103 31 $203 51 $291

この商品は

1キロから70キロまで

利用可能です。

12 $108 32 $208 52 $294
13 $113 33 $213 53 $297
14 $118 34 $218 54 $300
15 $123 35 $223 55 $303
16 $128 36 $228 56 $306
17 $133 37 $233 57 $309
18 $138 38 $238 58 $312
19 $143 39 $243 59 $315
20 $148 40 $248 60 $318

追加費用について

上記費用に含まれないもの

  • 燃料サーチャージ、セキュリティサーチャージとなります。
  • 保険料(申告価格の0.3%、最低保険料は25ドルとなります。)
  • 本サービスの料金は、受託から配達までの運送(※)に要する運賃およびその他の費用としますが、次に挙げる a ~ h は含まれません。 
    ※本サービスは、受託時のお客様 ( 荷送人 ) の指示に基づき、受託から配達先一ヵ所まで ( =航空運送状の記載内容 ) の運送を行う「ドアツードアのパッケージサービス」です。
  •  a. 日本で発生する関税・消費税等の公租公課。
  • b. 通常の取扱いの範囲を超える手続きや作業の提供に伴う費用。(当社の営業時間外および時間指定集配、梱包・開梱、廃材回収、配達先変更、仕分発送、配達先追加、動植物検疫、内容点検、保税蔵置場の無料保管期間を超える保管料、インボイス作成料等 )
  • c. 通常集荷区域外の特別集荷料
  • d. 通常配達区域外の特別配達料
  • e. 荷受人が、日本で当社以外の通関業者を指定した場合の通関・配達料
  • f. 着払いの場合の手数料
  • g. 航空会社から請求される場合の実費料金(燃油追加料金、航空保安特別料金)
  • h. 発地国のレギュレーションに基づく航空保安のための作業料(X-RAY費用、RAF AGENT FEE等)

その他

  • 梱包材料の配達については50ドルの配達費用とダンボール費用(実費)が別途掛かります。 
  • 沖縄等の離島地域への配達には、別途離島料金が掛かります。

基本サービス

  • お約束日にお荷物引取り
  • 航空輸送、通関
  • お荷物日本到着後、配達日程の打ち合わせ、その後ご自宅まで配達。
  • 運送保険の手続き(最低保険料25ドル、別途掛かります)

所要日数

  • 約7日~10日(DOOR TO DOOR)。
  • ご帰国の際、空港での別送申告手続きが完了しないとお荷物を受け取る事が出来ません。
  • 輸送/交通状況により、多少前後する可能性があります。

利用可能な箱サイズ/重量

  • 1箱の重量は32キロ(70ポンド)以内。
  • 料金は、実重量又は容積重量のいずれか大きい方をもとに算出します。
    容積の重量換算は、6,000cm³を1kgとします。端数は1.0kg又は6,000cm³を単位に切り上げて計算します。
    容積の重量換算は、6,000立方センチメートルを1kgとします。 端数は0.5kg又は3,000立方センチメートルを単位に切り上げて計算します。 ご不明な点は、お問い合わせください。 

  • 実重量:5.0 kg、大きさ:50cm×50cm×50cmのお荷物、50×50×50 = 125,000 立方センチメートル
    125,000÷6,000 = 20.833....kg。この場合は実重量<容積重量ですので、切り上げて21.0kgの料金が適用されます。

集荷 / 配達条件

  • 引取りは平日のみとなります。日時については別途ご相談致します。
  • 配達日は、日本到着後ご相談致します。荷物の配達は玄関渡しです。お部屋の搬入は致しません。
  • 当支店へ持ち込みの場合は土日祝祭日を除く9時~5時にて受付出来ます。

 このサービスとして受託できないお荷物

  • モニター、PC本体、ノートブックPC、リチウム電池の入った製品、精密機器、プリンター、トナー、電池、楽器など。
  • 液体、圧縮ガス、アルコール、医薬品、医療器具、引火性物質
  • 火器、弾薬、株券、貨幣(変造、模造、偽造を含む)、気化性物質、危険品、貴石、半貴石、金銀、貴重品、絹製品、腐りやすいもの、果物、化粧品、ゴザ、米
  • 酒類、債権、酸化剤、信書、磁気性物質、写真用閃光電球、証券、植物、スプレー・エアゾール、生鮮食料品、象牙、塩、生もの、肉類、日本酒
  • 爆発物、バター、白金(プラチナ)、放射性物質、宝石、宝飾品、ポルノ雑誌、ポルノビデオ、保冷品、美術品、ビーフジャッキー、ポプリ、バンク・コンサイメント
  • 麻薬、麻薬吸引器、ミルク、無体財産権を侵害する物品
  • 薬品、有価証券、郵便切手(未使用)、酪農品、ライター、わら、ワシントン条約品目
  • 貴金属類、現金、有価証券、骨董品、各種証明書、卒業証書など。

輸入禁止規制品

日本への持込が禁止・規制されている品物

  • 麻薬、向精神薬、大麻、あへん、覚せい剤、MDMAなど
  • 拳銃等の銃砲、これらの銃砲弾や拳銃部品など
  • ダイナマイトなどの爆発物や火薬、化学兵器などの原材料
  • 紙幣、貨幣、有価証券、クレジットカードなどの偽造品
  • 偽ブランド品、海賊版などの知的財産侵害物品
  • わいせつ画像、児童ポルノなど既製の印刷物やビデオテープ、DVD等のメディア、パソコンのハードディスクも対象です。
  • 猟銃、空気銃及び日本刀などの刀剣類(猟銃、空気銃、刃渡り5.5センチ以上の剣は、銃刀法により原則所持禁止)
  • ワシントン条約により輸入が制限されている動植物及びその製品(ワニ・ヘビ・リクガメ・象牙・ジャコウ・サボテンなど)
  • 事前に検疫確認が必要な生きた動植物、肉製品(ソーセージ、ジャーキー類を含む)、野菜、果物、米など
  • 薬事法により規制を受けている量の、医薬品、医薬部外品、化粧品、等  輸入禁止品を送ると刑事処罰の対象となります。また輸入禁止品などの輸入が許可されないもの、輸出検査で輸送規定に反するものはお客様のご負担で返却、または、焼却処分となりますので十分ご注意下さい。

お支払い方法

  • 米国払いの場合(クレジットカード《Visa / Master》、現金、マネーオーダー)の利用が可能です。着払いも承ります。(着払い手数料は料金に含まれておりません)

ご注意

  • 梱包資材の準備、必要書類作成は、お客様にてお願い致します。
  • 一辺の長さは200センチ以下となります。
  • 箱に入るお荷物のみご利用可能です。
  • お引取り、配達はそれぞれ1回1箇所となります。
  • 輸送費用とは別に日本での公租公課(関税、消費税等)、燃料サーチャージ、セキュリティサーチャージが別途掛かります。
  • お客様の入国後に通関手続きが行われますので、入国前の配達は出来ません。
  • ご入国の際、到着空港の税関で必ず別送申告手続きを行って下さい。
  • 必ず引越しの流れをご覧下さい。こちらからどうぞ。
  • 外国に1年以上居住し、入国後6ヶ月以内に輸入する荷物に限り免税扱いとなります。外国に居住1年未満の場合については担当係員にご相談ください。場合により免税輸入が認められる事があります。

※船便との併用について

  • 同日の引取りについては取り扱い支店が異なる為、事前の打合せが必要です。(必ず2週間前までにご契約下さい)

変更/キャンセルについて

【引取り日の変更】

  • お客様の都合で引取り日が変更される時は、引取り日より1週間前までにご相談下さい。
    (変更が出来ない場合もありますので予めご了承下さい。)

【キャンセル】

  • 事前に梱包材料を配達した場合は返却出来ません。
  • 材料費用実費と配達費用50ドルのキャンセル費用が掛かります。

その他

  • 上記料金、条件等は、予告なく変更されることがありますので、予めご了承下さい。

※【セキュリティ及び燃料サーチャージについて】

セキュリティサーチャージとは:テロ等で航空運送に対する危険が一時的に増大した場合、航空保険料や保安対策の費用が増大することから、利用者にその負担を求める為に設けられた料金。

燃料サーチャージとは:燃料とする油(灯油、軽油、重油など)の価格に追随する、運賃とは別建てで徴収される料金。航空会社が料金表を設定し、運行時点での燃料価格に応じた価格をサーチャージとして追加徴収する。

※ワンポイントアドバイス

米国内で引越用段ボール箱の購入できるお店:HOME DEPOT, OFFIECE DEPOT, OFFIECE MAX, STAPLESなど。 

≪重たい品物は小さい箱へ、軽い物は大きな箱をご利用下さい。≫